クローデル・ドゥーセ

インタビュー

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

私はモントリオールのナショナルサーカス学校で勉強しました。最初の5年間一般的なトレーニングを受けた後、エアリアル・シルクを専門とするようになりました。学校を卒業した後に、様々なサーカス団で働きトレーニングを積みました。

  • クローデル・ドゥーセ
  • カナダ
  • エアリアル・シルク
いつCirque du Soleilに加わりましたか。

2005年1月にリハーサルを始め、2005年3月にパフォーマンスを開始しました。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

モントリオールで育ち、サーカスアートに触れる機会がありましたので、常にその動きを見つめていました。子供の時から、Cirque du Soleilのショーは初演の時見に行くのが習慣となっていました。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

私のオーディションは特にAzalaa役のためでした。私の友人の多くがオーディションが行われている同じジムでCorteoのリハーサル���ていたので少し不思議な感じがしました。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

とても速く溶け込んでいきました。しかし、同時に別の会社と前の仕事を終了中だったので、仕事量は大変多くなりました。一旦ツアーに入ってからは、ショーへ完全に溶け込むためのリハーサルをさらに2週間受けました。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

旅をすること、ステージにでることが好きです。Cirque du Soleilはその二つを同時に叶えてくれます。

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

Cirque du Soleilに加わる前に既にサーカス・アーティストだったので、移行は非常にスムーズでした。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

Cirque du Soleilはアーティストの仕事のために素晴らしい環境を提供してくれます。優秀なサポートスタッフ、トレーナー、物理療法セラピスト、ツアー・サービス担当者、アートチームのすべてのスタッフは最高です。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

旅をすることができる仕事を望んでいたので、サーカスアートに入ることに決めました。ツアー生活は大変要求度も高いですが、気分が高揚するような経験です。