エリック・スクライブナーズ

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

ラスベガスの主要なプロダクションショーで仕事をしました。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験・トレーニング(学校)について述べてください。:

3歳でドラムを始めました。19歳の時、ラスベガスに移動し、様々なバンドとフリーランスで仕事をしました。

  • エリック・スクライブナーズ
  • アメリカ合衆国
  • ドラマー
いつCirque du Soleilに加わりましたか。?

2004年1月ZUMANITY、2005年“O"のアーティスト代役として雇われました。その後2006年KÀで常勤として雇われました。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

私の友人がCirque du Soleilのキャスティング部の代表者によって主催された地元のミュージシャンを対象とした非公式の説明会に誘ってくれました。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

アーティスト代役オーディションは“ZUMANITY"からの4つの音楽に合わせて行われました。フルオーケストラとショールームでのオーディションも受けました。それは突風のようでした。

どのように溶け込んでい��ましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

ショーを学ぶのに6週間与えられたので、非常に幸運でした。非常にスムーズに溶け込んでいきました。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

Cirque du Soleilでは、アーティストはアイディアを出すようにと言われます。このような環境のおかげで毎晩創造的な仕事ができます。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

Cirque du Soleilに関して最も気に入っているのは人です。ここには驚くほど精力的で前向きなエネルギーがあります。

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

常にミュージシャンでしたので、キャリア上の変化ということはありませんでした。しかし、今は保険給付や休暇スケジュールもあります。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

創造的になるように要求し、アーティストとしての発展を望む素晴らしい人々のいる会社です。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

ラスベガス生活は学校、図書館、屋外レクリエーションがあり素晴らしいコミュニティーです。たまたま最高のナイトライフも近くにあるという感じです。

その他述べたいことがありますか。何でもどうぞ!

Cirque du Soleilで仕事ができることはまさに夢が実現したと言えます!