ジャン・フランソワ・ウール

采访

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

私は音楽プロデューサーをしていました。ベースプレーヤー、バンドリーダー、電子音製作者のプロとして20年間ツアーをしてきました。

いつCirque du Soleilに加わりましたか。

1996年、Alegríaアジアツアーのベースプレーヤー/バンドリーダーとしてCirque du Soleilに加わりました。2001年にはZumanity制作に参画しました。

  • ジャン・フランソワ・ウール
  • カナダ
  • 音楽
Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

1996年、Cirque du SoleilAlegríaアジアツアーの音楽監督を捜していました。Mystèreのバンドリーダーだった友人に紹介されました。

オーディションま��はトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

ZUMANITY に関しては作曲家に会い、私が知っていた特別のソフトウェアと私ができることについて話しました。どれをショーに使用するかを決定しました。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

とてもうまくいきました。Zumanity へ溶け込んでいく時も、自分の役割のためにゼロからすべて作成しなければならなかったので非常に楽しかったです。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

何が起こるかわからないアクロバットのライブの公演をサポートする音楽を演奏することが好きです。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

エンタテイメント産業で最も有名な会社のうちの一社の一員となったこと、そして、一大ファミリーの一員となったこと。アーティスト間の友情と各ショーを可能な限り最高のショーにしようと全員がやる気に満ちていることが好きです!

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

多くのミュージシャンやテクニシャンが絡んだ同様なプロジェクトで常に仕事をしていたので、移行は非常にスムーズでした。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

アジアとヨーロッパを見る機会が得られたのでツアーは好きです。現在、ラスベガスに住んでいますが気に入っています。ラスベガスは非常にダイナミックな都市です!

その他述べたいことがありますか。何でもどうぞ!

Zumanityの制作に参画できたことはとても気に入りました。それは非常にユニークな経験で、成し遂げたことを誇りに思っています。