ジャンヌ・ディオマン・グブ

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

F.I.T.D. という私のダンスグループはアフリカ開発のための国際劇場フェスティバルで優勝しました。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

伝統ダンスグループである“コートジボアール国立バレエ団"とアフリカ現代ダンスグループ、テルゾのメンバーでした。

  • ジャンヌ・ディオマン・グブ
  • コートジボワール
  • アフリカンダンス
いつCirque du Soleilに加わりましたか。

1999年4月Dralionから加わりました。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

1998年Cirque du Soleilのキャスティング部の何人かの人々がコートジボアールに来て、私のグループがショーを行なうのを見て録画しました。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

ショーでの私のパフォーマンスの録画がある意味でオーディションとなりました��直後に、Cirque du Soleilで働かないかと打診を受けました。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

要求されたダンスのタイプが慣れていた非常に伝統的なダンス・スタイルとは異なっていたので、役割の中へ溶け込んでいくのは少々困難でした。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

Dralion の私の役割を通じて、多くの速い動きと大きな顔の表情とともに私の内に秘めたエネルギーを表現することができました

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか

コートジボアールでは経験することができない多くの様々な文化および分野の人々と仕事をし、生活することが楽しいです。

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

非常にスムーズでした。ただ一つの違いは今は毎日同じダンスを踊ることです。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

Cirque du Soleilは自分の好きなことをする機会と多くの異なる人々から学ぶ機会を与えてくれます。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

とても気に入っています。ツアー生活は楽しく素晴らしいです!ただ一つ言うとすれば、自分の好きなことすべてをする十分な時間がいつもあるわけではないことです。