ミロ・ラカス

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

私はライブの劇場および映画の両方で演技や創作をして、11年を過ごしました。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験・トレーニング(学校)について述べてください。:

1996年以来俳優兼クリエーターです。

  • ミロ・ラカス
  • カナダ
  • 俳優
いつCirque du Soleilに加わりましたか。

2003年12月のKÀの制作の時からです。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

最初にCirque du Soleil を知ったのは20年前のケベック州ベー・サン・ポール市でのフェスティバルの時でした。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

“Counselor"役の様々な提案をするためのグループの一員でした。このような登場人物について書くことは非常に大変な仕事で、肉体的にも負担の重い仕事でした。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

劇場の世界がサーカスの世界と出会うのを見ることは非常に面白く、アクロバットパフォーマンスとストーリーがうまく融合するのを見るのは信じられないことでした。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

ロバート・ルパージュから自由に創作して良いとの依頼を受けました。ですから、私は創作チームの一員となる素晴らしい非常に刺激的な機会を持つこととなりました。多くのアイディア、多くの努力、多くの忍耐、多くの愛がありました!

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

様々な経験、アーティストとしての技術、豊かなパーソナリティーを持った国籍や背景の異なる人達と交流することです。

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

ある日、100フィートの高さの空中アクロバット演技の一員になることになり、特に高所恐怖症を克服することを学ばなければならないことがありました。しかし、どうにか我慢と忍耐をし、多くのサポートを得ながら恐怖を克服しました。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

午前7時に朝食を作ります。
午前8時45分に子供を学校へ連れて行きます。
午前9 時から午後2時半まで家事をします。
時には短い昼寝もします。
午後2時45分子供を迎えに行きます。
午後4時15分仕事に行く時間です。
午後5時から 午後11時20分までKÀ。
午後 12時15分帰宅。
午前2時就寝。