高橋典子

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

バトントワリング世界選手権15回出場。個人女子シニア部門金メダル6個。シニアペア部門金メダル一個。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

1976年にバトントワリングを始めました。1982年にジュニア部門で世界大会初出場。

  • 高橋典子
  • 日本
  • バトントワリング
いつCirque du Soleilに参加しましたか。

2004年2月にモントリオールへ行き、一員となりました。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

日本へ来たシルクドソレイユの初めてのショー“ファシナシオン"を見に行ったのが初めての出会いです。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

オーディション、ワークショップの経験はありません。KÀのクリエーションから参加をしました。素晴らしいクリエーターに囲まれご指導頂き、新しいショーを創るところから参加ができたことは本当に幸せなことで���た。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

関わる方みなさん好意的なので初めから溶け込めました。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

今までよりもっと自分をオープンにすることができるようになったと思います。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

たくさんの素晴らしい方に出会えたこと、バトントワリングをたくさんの方にご覧頂く機会を得られたことです。

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

新しいことを知ることは大好きなので、難しいことはありませんでした。またそう感じさせないように十分トレーニングをして下さいました。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

今までの自分を活かし、発展させることができます。そして仲間からたくさんの刺激を受けることができます。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

ラスベガスはアメリカの中でも不思議な町です。でも身近に大自然もあり、いろいろな楽しみ方ができます。