オレクサンドル・ピリペンコ

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

スポーツレベルの修士まで。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

7歳で正式な体操トレーニングを始めて18歳まで続けました。

  • オレクサンドル・ピリペンコ
  • ウクライナ
  • 鉄棒
いつCirque du Soleilに加わりましたか。

2001年のAlegria でアーティストとして開始し、2005年末Mystèreに加わりました。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

Cirque du Soleilのキエフでのオーディションについて知り、行きました。オーディションに続き、一般トレーニングに招待されましたが、パスポートを取得するために18歳になるまで待たなければなりませんでした。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

一般トレーニングにいるからといってその後の仕事が保証されているわけではなく、トレーニングは必ずしも楽ではなかったので少々ストレスとなりました。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

Alegriaの役にゆっくりと溶け込んでいく機会を与えられました。また、一般トレーニングの時から既に知っているたくさんのアーティストがいましたので、うまくいきました。Mystèreに加わった時は、あまり多くの人を知っていませんでしたが溶け込んでいくのははるかに容易でした。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

Cirque du Soleilの芸術的な方向と私の体操の技術を組み合わせることによって、毎晩観客が驚くようなものを見せることができます。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

観客からもらうエネルギーは驚くべきものです。自分がパフォーマンスをすることにより、観客は大変感動します。しかし、観客からより大きなエネルギーが戻って来ます。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

観客と驚くべきものを共有することができるステージで表現する機会が毎晩与えられます。楽しみながら、給与を貰っているのです。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

ラスベガスでは良い生活をしています。スケジュールに余裕があるので、地元の大学で授業を受ける時間もあります。街にあるものを楽しむこともできます。