ラファエル・サンチェス

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

作曲家・音楽監督としてアニー・フラテリーニ(パリのフラテリーニサーカス)と10年間の芸術面でのコラボレーション。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

映画、劇場、伝統的サーカス(アニー・フラテリーニ)のための作曲家。 レ・ミゼラブル、キャッツ、シカゴ、ハロー・ドーリー、42 番街、レ・バレエ・ドゥ・モンテカル等多くのプロダクションのための指揮者。 多くの映画サウンドトラック、アルバム、その他の実験的プロジェクトのための指揮者、編曲者、オーケストラ担当。クラシックの経験を持つピアニスト。さらにジャズ、フュージョン、アルゼンチンタンゴのような伝統音楽も演奏。

  • ラファエル・サンチェス
  • フランス
  • 音楽指揮者
いつCirque du Soleilに加わりましたか。

2004年11月。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

パリでCirque du Soleilのキャスティング/スカウトチームがシンガーのオーディシ��ンをしている時に会いました。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

必ずしもオーディションを受けたということではありませんでした。Cirque du Soleilに私の作品のDVDを送りました。数か月後にVarekaiのために電話をもらいました。ショーのDVDと4つの歌の入ったCDが送られてきました。それにいくつかのキーボード部分を録音するのが仕事となりました。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

非常に速く溶け込んでいきました。私は3日間モントリオールでメーキャップを学び、コスチューム合わせをし、作曲家および芸術監督と会合を持ち、私の契約を完了させ、事務手続きを迅速に行ないました。その後、テキサス州ダラスに飛行機で直行しました。そこではVarekaiの元バンドリーダー、ミッシェル・シールのもと最後の10日間上演されていました。ア-ティスト、コーチ、技術チームは非常に助けてくれました。彼らの親切に感謝します。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

850を越えるVarekai公演の後、30か月前に始めた時とまだ同じことを感じます。すべてのショーは初日と同じように同じ意識、感性、エネルギーを要求します。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。

全員の取り組みの質の高さです。すべての“夢見る人"、パフォーマーから技術、ロジスティクス、衣装、売店、管理、ツアーサービス、食品飲料、情報技術、VIP、大道具、リギング、学校教育、キッチン、セキュリティ、清掃などサポートスタッフに到るまで驚くべき素晴らしい人々です。私は驚くべき素晴らしいチームの一員になっています!

Varekaiにかけたすべての人々のエネルギーを集め電気に変えた場合、街全体を明るくできるくらいです!

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

私にとってひとつのプロジェクトに自分のエネルギーを集中させなければならないことは新しい経験でほとんど怖くなるくらいでした!私の前の経歴は非常に幅広いものでした。典型的な日常として、午前中は録音をして、午後は、伝統的なタンゴ・オーケストラでリハーサルし、夕刻は劇場ショーを行い、夜に次作のための作曲、編曲、およびオーケストラ用の編曲をすることがありました!

幸運にもショーは複雑なので、ショーの間の様々な担当部局との相互連絡など、常に多くの調節をしなければならないので、バンドリーダーとしての私の役割は非常に忙しいものです。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

決して忘れることの出来ない非常にユニークな経験です。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

“強烈"ということだけではありません。私の家族と旅できることは以前の経験すべてと比較し、大きな違いになります。これほど家族との時間を持てたことはありませんでした!

さらに夢かと思うような素晴らしい最高の教師をツアー中子供の学校教育のためにCirque du Soleilが提供してくれます。過去18か月で私の息子は英語を学習し、今はロシア語を学んでいます。ジャグリングとアクロバットのレッスンも受けています。