トゥメロ・マイケル・モロイ

インタビュー

Cirque du Soleil以前の経歴でアスリートまたはアーティストとしての最大の業績:

1999年全アフリカ・ゲームズ・プロモーション第7位。1997年-2000年ヴィタ・ダンス・アンブレラ賞。2001年-2006年ヨーロッパツアー(フランス、ベルギー、ロンドン、ドイツ、スウェーデン)。

Cirque du Soleilに加わる前のアスリートまたはアクロバットまたはアーティストとしての経験について述べてください。:

10年間以上振り付け、教育、ダンスのためヴィア・カトレホングとカンパニーで仕事をしました。

  • トゥメロ・マイケル・モロイ
  • ヨハネスブルグ
  • ガムブーツ、パンツラ、タップダンス
いつCirque du Soleilに加わりましたか。

2006年12月に加わりました。ラスベガスに移動する前に1週間のみモントリオールで過ごしました。

Cirque du Soleilとの最初の出会いのきっかけは何でしたか。どんな状況でしたか。

フランスのフェスティバルでパフォーマンスを行っていた時にCirque du Soleilに見出されました。その後、南アフリカでオーディションを受けることになりました。

オーディションまたはトレーニングまたはワークショップではどのような経験をしましたか。

長年やってきたことをやれば良いだけでしたので、オーディションは易しいと思いました。トレーニングは困難でしたが刺激的でした。

どのように溶け込んでいきましたか。(モントリオールまたはショーの中で)

全く異なる技術を持っていたダンサーのグループと仕事をするので始めは大変でした。しかし、ナターシャ・ジャン・バート(LOVE“レディ・マドンナ"役)のような美しく才能のあるアーティストと仕事ができたので溶け込むのは楽になってきました。

Cirque du Soleilのショーの一員となることで自分の分野で自分をどのように表現することができましたか。

Cirque du Soleilは各アーティストに様々な方法を追求し、伸ばしていく自由を与えます。会社の芸術と文化は私にとって素晴らしいものです。

Cirque du Soleilの一員となって何が最も良かったと思いますか。?

色々な人と仕事をし、かれらが行っていることから学ぶことが本当に好きです。また、自分にとって最初の長期契約で、Cirque du Soleil は素晴らしい手当を提供してくれるので安心感があります。

以前のキャリアから現在のキャリアへの移行はいかがでしたか。

実際にダンサーとしてよりパフォーマーとして自分が発展したことは面白いと思いました。私がこれまでの人生でやってきたことをやれるので幸せですが、今はCirque du Soleil のやり方でしなければなりません。

何故、Cirque du Soleilに加わることをアーティストに勧めますか。

Cirque du Soleil の一員であることでステージ上だけでなく、仕事以外でも楽しいです。

ラスベガスまたはオーランドでのツアー生活はいかがですか。

ラスベガスは1つの小さな街にもかかわらずたくさんのことが起こっていますので、そこでの生活は時折クレージーで混乱する時もあります。でも、そのために楽しく、刺激的でもあります!

その他述べたいことがありますか。何でもどうぞ!

情熱と愛を持ち続けて燃えるような芸術の精神を持ち続けましょう!!!連帯感は素晴らしいです。1つの愛です!!!