リーヌ・ジアッソン

キャスティング部シニア・ディレクター

  • リーヌ・ジアッソン
  • モントリオール
  • キャスティング部シニア・ディレクター

リーヌは1993年からシルク・ド・ソレイユの一員です。カンパニーの制作プロセスの明確な全体像の獲得を通して、制作部門において様々なポジションを歴任してきました。1997年に、現在存在している形でのオーディションの体系を作り上げ、今日でも使われています。数年に渡って、リーヌは芸術的およびアクロバティックな才能を探し求めて、50回以上海外へ旅する機会を得ました。2004年6月以降、キャスティング・ディレクターとしての彼女の新たな挑戦は、私たちの成長に伴い目下の必要性に効果的に合わせ、カンパニーのクオリティの水準を維持するために、毎年数百人の中から見つけだしたおよそ40名のチームをサポートすることです。