サラ・ダビソン

アーティスティック・タレント・スカウト
  • サラ・ダビソン
  • ラスベガス
  • アーティスティック・タレント・スカウト

フランスのトゥールーズで母親の指導の下、初めて正式にダンスを習い始める。国内で多数の賞を獲得、16 歳でリヨン国立高等学院でダンス・振付の学位を取得。その後、国内の複数のネオ・クラシックバレエおよびジャズ・ダンス・カンパニーの舞台にプロとして出演し、セリーヌ・ディオンの公演「A New Day」のオリジナル・キャストに選ばれたのをきっかけに、北米に渡る。続いて、「Le Rêve」で舞台経験を磨き、最近では「Viva ELVIS」のキャストも務めた。

ダンス業界の数多くの人物からバレエ、ネオ・クラシックバレエ、ジャズ、モダン、ヒップホップ、社交ダンスなど、さまざまなスタイルのダンス指導を受けたり仕事をする機会に恵まる。また、テレビ番組の「Dancing with the Stars」、「The Oprah Winfrey Show」、「The Jerry Lewis Telethon」、「American Music Awards」などにも出演。多忙な舞台出演の傍ら、ラスベガスで多数のイベントのプロデューサーやプロジェクト・マネージャーを務め、ヨーロッパ各地やラスベガスでダンス教室やワークショップも主宰。現在、シルク・ドゥ・ソレイユのキャスティング・チームに加わり、シルク・ドゥ・ソレイユにキャストされる情熱あふれるアスリートへ貴重な経験や知識を提供する。

 友達リクエストを送信