閉じる
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

Cirque du Soleil

すべてはケベックシティ(カナダ)の近郊の小さな町、ベ・サン・ポールで始まりました。1980 年代の初め頃、ベ・サン・ポールでは色とりどりの衣装をまとったキャラクターの一団が街を練り歩き、竹馬、ジャグリング、ダンス、火吹き、音楽などの芸を披露していました。彼らこそ、ジル・サンクロワが組織したストリートパフォーマンスのグループ、Les Échassiers de Baie-Saint-Paul(ベ・サン・ポールの竹馬乗り)でした。すでに街の人々はこの若いパフォーマーのグループに心を動かされ、魅せられていました。パフォーマーの中に、後に Cirque du Soleil の設立者のひとりとなり、CEO となるギー・ラリベルテもいました。

 
 
 

経歴

フィリップ・オーベルタン

アクロバット・パフォーマンス・デザイナー

1976 年のモントリオール五輪の熱狂に影響され、フィリップ・オーベルタンは 5 歳で体操を始めました。18 歳のときにナショナル・ジュニア・チーム入りを打診されるも、競技をやめることを決意します。体への負担が大きかったからです。代わりに、彼はモントリオールの体操センターのコーチに就任し、1999 年まで在任しました。そして、在職中にカナダコーチ協会によるコーチ認定を受けました。

同時に、フィリップは大学で競技トレーニングについて学びます。しかし、Cirque du Soleil の魅力に触れ、新たな世界が開けます。

1999 年、Cirque のアクロバット・パフォーマンスおよびコーチングのディレクター、ボリス・ヴェルコフスキーに雇われ、フィリップは、モントリオールの本部でアーティストのトレーニングを担当することになりました。

フィリップはフロリダ州でコーチとして La Nouba に参加した後、日本で上演されたツアー・ショー、Saltimbanco でヘッド・コーチを務めました。2004 年、Cirque のヘッド・コーチとしてモントリオールに戻り、その後、Corteo の 2 年間のツアーに参加しました。