閉じる
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

Cirque du Soleil

すべてはケベックシティ(カナダ)の近郊の小さな町、ベ・サン・ポールで始まりました。1980 年代の初め頃、ベ・サン・ポールでは色とりどりの衣装をまとったキャラクターの一団が街を練り歩き、竹馬、ジャグリング、ダンス、火吹き、音楽などの芸を披露していました。彼らこそ、ジル・サンクロワが組織したストリートパフォーマンスのグループ、Les Échassiers de Baie-Saint-Paul(ベ・サン・ポールの竹馬乗り)でした。すでに街の人々はこの若いパフォーマーのグループに心を動かされ、魅せられていました。パフォーマーの中に、後に Cirque du Soleil の設立者のひとりとなり、CEO となるギー・ラリベルテもいました。

 
 
 

経歴

Franco Dragone

Director

A good many of Cirque du Soleil's creations bear the stamp of Franco Dragone's poetic and social vision. Between 1985 and 1998, Dragone directed no fewer than 10 productions: Cirque du Soleil (1985), La magie continue (1986), We Reinvent the Circus (1987), Nouvelle expérience (1990), Saltimbanco (1992), Mystère (1993) Alegría (1994), Quidam (1996), La Nouba and "O" (1998). He also directed the full-length feature Alegria, which came out in the spring of 1999.

Franco Dragone had a major hand in creating the amalgam of cultures and artistic disciplines that characterizes these productions. Before embarking on a lengthy partnership with Cirque du Soleil in 1985, he worked with a number of theatre companies in Europe.

A native of Italy, Dragone grew up in La Louvière, an industrial community in Belgium. In 2000, soon after moving back to his hometown, he founded Dragone, an artistic creation and production company.