閉じる
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

Cirque du Soleil

すべてはケベックシティ(カナダ)の近郊の小さな町、ベ・サン・ポールで始まりました。1980 年代の初め頃、ベ・サン・ポールでは色とりどりの衣装をまとったキャラクターの一団が街を練り歩き、竹馬、ジャグリング、ダンス、火吹き、音楽などの芸を披露していました。彼らこそ、ジル・サンクロワが組織したストリートパフォーマンスのグループ、Les Échassiers de Baie-Saint-Paul(ベ・サン・ポールの竹馬乗り)でした。すでに街の人々はこの若いパフォーマーのグループに心を動かされ、魅せられていました。パフォーマーの中に、後に Cirque du Soleil の設立者のひとりとなり、CEO となるギー・ラリベルテもいました。

 
 
 

経歴

デヴィッド・シャイナー(David Shiner)

脚本およびディレクター

人々を笑わせることが好きなデヴィッド・シャイナーですが、クラウンによる芸には真剣に取り組んでいます。「クラウンは本質的に、人間が自分たちの持つ神聖な部分との関係を保って行く手助けをするキャラクターです」と彼は説明します。「それは、演じるのが難しい部分です。このキャラクターの根底には、人生の意義を追い求め、見つけ出したいと願う気持ちがあります」。

クラウンとして大変よく知られているデヴィッド・シャイナーは、フランスのパリでストリートパントマイムを始めました。1984 年に有名なサーカスフェスティバル「Cirque de Demain(明日のサーカス)」で見出され、彼のパントマイムのキャリアが始まりました。その後、ドイツの Circus Roncalli、スイスの国立カンパニー Circus Knie などの著名なカンパニーで、次々に成功を収めました。サーカスに出演する一方、Cirque du Soleil のベテラン、ルネ・バジネと、彼らの創作による 2 人のショーを携えてツアー公演を行いました。

デヴィッドが初めて Cirque du Soleil に正式に参加したのは 1990 年、共同制作し、出演も手がけた Nouvelle Expérience(ヌーベル・エクスペリエンス)でのことです。この作品は 19 か月間、カナダと米国のツアーで上演されました。彼のそんな滑稽な演技が多くの観客の上を通り抜け、彼の十八番であるサイレント映画のメロドラマを模して 4 人の観客を動員したアドリブ中心の演出のおかげで、彼はおそらく Cirque のクラウンの中で最も印象に残る存在となるでしょう。この作品は 1991 年に HBO のために撮影されました。その他にもジョニー・カーソンやジェイ・レノがホスト役を務める「The Tonight Show」など、多くのテレビ番組にも出演しました。一番最近の Cirque での仕事は、2007 年に上演された KOOZA(クーザ)で脚本および演出を担当したことです。

彼はまた、1992 年に「ロレンツォのオイル」でクラウンを演じて映画デビューを果たしています。さらに次の年には、サム・シェパードの「アメリカン・レガシー」で、ビル・アーウィンと共演しました。その後、彼とアーウィンは、出演者が 2 人だけの言葉のないショー「Fool Moon」を制作しました。音楽を担当したのはレッド・クレイ・ランブラーズでした。このショーは、ブロードウェイでの 3 度の興行も含めて 1992 年から 1999 年まで上演されました。「Fool Moon」は、トニー賞の特別賞(1999 年)、Unique Theatrical Experience のドラマデスク賞、Outer Critics Circle Special Achievement 賞を受賞しています。

2000 年には、ブロードウェイミュージカル「スーシカル」でホストとガイドを務めるシマシマ帽子の猫 (the Cat in the Hat) というキャラクターを創り上げました。その後、ピュー財団から助成金の支援を受け、シアトルの ACT シアターでショーを上演することになり、後にはそのショーに脚色を加えて「David Shiner in the Round」というワンマンショーに仕立てました。

「Banana Shpeel(バナナ・シュピール)は、純粋に楽しめるスラップスティックコメディです」。「このショーには、ボードビルから発想を得たことが誰にでもすぐわかる部分が確かにあります。特にエキセントリックダンスや歌、そして素晴らしいクラウン芸で顕著に見られます。内容は伝統的な形式を利用したものかもしれませんが、取り組む姿勢はきわめて現代的です」。

デヴィッド・シャイナーは 1953 年にマサチューセッツ州ボストンで生まれました。