閉じる

Cirque Club

 

Cirque Club

ようこそ
 
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

Cirque du Soleil

すべてはケベックシティ(カナダ)の近郊の小さな町、ベ・サン・ポールで始まりました。1980 年代の初め頃、ベ・サン・ポールでは色とりどりの衣装をまとったキャラクターの一団が街を練り歩き、竹馬、ジャグリング、ダンス、火吹き、音楽などの芸を披露していました。彼らこそ、ジル・サンクロワが組織したストリートパフォーマンスのグループ、Les Échassiers de Baie-Saint-Paul(ベ・サン・ポールの竹馬乗り)でした。すでに街の人々はこの若いパフォーマーのグループに心を動かされ、魅せられていました。パフォーマーの中に、後に Cirque du Soleil の設立者のひとりとなり、CEO となるギー・ラリベルテもいました。

 
 
 

経歴

Germain Guillemot

Acrobatic Performance Designer
KURIOS – Cabinet of Curiosities,

A graduate from Centre national des arts du cirque in Châlon, France, Germain Guillemot started his career with the French troupe Cirque Archaos and toured with the company for two years. With other circus fellows he created the French circus company Les Arts Sauts where he worked both as a creator and performer for 15 years. Germain joined Cirque du Soleil in 2007 as a coach for the flying trapeze act on ZED and then became Acrobatic Training Manager for Viva ELVIS. TORUK – The First Flight is Germain Guillemot’s fourth collaboration with Cirque du Soleil as Acrobatic Designer after Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour, Michael Jackson ONE and KURIOS – Cabinet of Curiosities.