閉じる
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

Cirque du Soleil

すべてはケベックシティ(カナダ)の近郊の小さな町、ベ・サン・ポールで始まりました。1980 年代の初め頃、ベ・サン・ポールでは色とりどりの衣装をまとったキャラクターの一団が街を練り歩き、竹馬、ジャグリング、ダンス、火吹き、音楽などの芸を披露していました。彼らこそ、ジル・サンクロワが組織したストリートパフォーマンスのグループ、Les Échassiers de Baie-Saint-Paul(ベ・サン・ポールの竹馬乗り)でした。すでに街の人々はこの若いパフォーマーのグループに心を動かされ、魅せられていました。パフォーマーの中に、後に Cirque du Soleil の設立者のひとりとなり、CEO となるギー・ラリベルテもいました。

 
 
 

経歴

フランソワ・デジャルダン(François Desjardins)

サウンド・デザイナー

フランソワ・デジャルダンは、25 年近くにわたり、音楽界でサウンド環境の強化に全面的に携わってきました。そして、サウンド・デザイナーとして、それぞれのアーティストの期待に沿ったサウンドスケープを生み出しています。1992 年以来、彼はセリーヌ・ディオンのすべてのライブ・ショーのツアーに同行してきました。また、ギャルウ、ロック・ボイジーヌ、トラジカリー・ヒップ、トム・コクラン、パヴァロッティなど、カナダや外国のアーティストたちと仕事をしてきました。また、チームの責任者として、業界で最も高度なサウンド・システムの設置、管理、運用に携わってきました。さらに、モントリオールで開催された「Solotech」のサウンド技術責任者や米国で開催された「Solotech」のテクニカル・アドバイザー最高責任者として、数多くのイベントにも参加しています。フランソワ・デジャルダンは、2002 年に(ローマ法王を迎えて)カナダのトロントで開催された「World Youth Day」の期間中や Cirque du Soleil の「Saltimbanco」でもサウンド・デザイナーを務めました。