閉じる
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

KOOZA

KOOZA は、世界野中に自分の居場所を探し求めるメランコリックで孤独なイノセントの物語です。

KOOZA は Cirque du Soleil の原点回帰ともいうべき作品で、 アクロバットとクラウンの芸という伝統的サーカスの 2 つの要素を融合させたものです。このショーでは、人間の強さと弱さを表現する肉体の能力に焦点が当てられています。さまざまなものが多彩に融合する中で、あからさまなスラップスティック的ユーモアが強調されます。

旅を続けるイノセントは、王、トリックスター、すり、感じの悪い旅行者とそのしつけの悪い犬など、さまざまなコミカルなキャラクターに出会います。

KOOZA では、強さと弱さ、大笑いと微笑、混乱と調和の間で、恐怖、アイデンティティ、認識、力というテーマが追究されています。ショーの舞台は、驚き、スリル、失意、勇敢さ、熱意などで満ち溢れた、刺激的でエキゾチックな世界です。

ダウンロード

ドイツ, 英国, スイスツアー

さらに詳しく
 

KOOZA - Music

The music of KOOZA beautifully demonstrates the spirit of the live show with its themes of human connection and fun in a world of duality. With a stream of uplifting songs with timeless influences where forms and styles intertwine seamlessly, the music of KOOZA is inspired by the sounds of western pop culture, from 1970s funk to full orchestral arrangements. It also draws heavily on traditional Indian music.

There are six KOOZA musicians who play live music during each performance: trumpet, trombone, bass, drums, percussion and keyboard. There are also two singers who sing live during each performance.

I was inspired by Western pop music, from 1970s funk to orchestral music. I also drew upon traditional Indian music and film scores from the 1940s and 1950s, a period I’m particularly fond of.” — Jean-François Côté