閉じる

Cirque Club

 

Cirque Club

ようこそ
 
 
 

プレスルーム

 

報道資料

Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)では、各種ショーのプレスキット、会社情報を用意しております。

Cirque du Soleil

すべてはケベックシティ(カナダ)の近郊の小さな町、ベ・サン・ポールで始まりました。1980 年代の初め頃、ベ・サン・ポールでは色とりどりの衣装をまとったキャラクターの一団が街を練り歩き、竹馬、ジャグリング、ダンス、火吹き、音楽などの芸を披露していました。彼らこそ、ジル・サンクロワが組織したストリートパフォーマンスのグループ、Les Échassiers de Baie-Saint-Paul(ベ・サン・ポールの竹馬乗り)でした。すでに街の人々はこの若いパフォーマーのグループに心を動かされ、魅せられていました。パフォーマーの中に、後に Cirque du Soleil の設立者のひとりとなり、CEO となるギー・ラリベルテもいました。

 
 
 

経歴

Carl Fillion

Set and Props Designer

Carl Fillion has a degree in set design from the Conservatoire d’art dramatique de Québec (1991), where he taught technical drawing from 1992 to 2002.

Carl has worked with many prominent companies and directors around the world and has a long list of theatre, multimedia and opera credits to his name, including sets for La Celestina by Fernando de Rojas presented at the Royal Dramatic Theatre in Stockholm in 1998, The Damnation of Faust at the Saito Kinan Festival in Japan (1999), The Burial at Thebes at the Abbey Theatre in Dublin (2004) and the opera Simon Boccanegra at the Gran Teatre del Liceu in Barcelona (2008).

Carl’s long association with director Robert Lepage began in 1994 with the groundbreaking shows Les 7 branches de la rivière Ota and Elsenor, and he has continued on the collaboration to create set designs for some 20 theatre, circus and opera productions including the last opera Der Ring Des Nibelungen presented at the Metropolitan Opera in New York. TORUK – The First Flight is Carl Fillion’s second set design for a Cirque du Soleil production after TOTEM.